群馬県内建設業者約7,000社の企業情報を格安販売致します!!

企業情報取り放題

  • 基本情報サンプル
  • 決算情報サンプル
  • メールでお申込み

建設与信情報誌

  • サンプル表示
  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

情報誌・取り放題セット

  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

スポンサードリンク

ニュースサイトTOPへ

立見総工株式会社(前橋市、とび土工・土木工事業)~事業停止

 立見総工株式会社(群馬県前橋市敷島町240-25、とび土工・土木工事業)は、平成28年2月5日に事業を停止し、猿谷 直樹弁護士(石原・関・猿谷法律事務所、027-235-2040)へ事後処理を一任し、破産手続申立準備に入った。

 当社は、昭和27年に設立された土木事業を主体に官庁や下請・民間元請受注をバランスよく受注し、建設業提出決算資料では、売上高は一時1億円台となっていたが、近年は売上高50百万円台で推移していた。利益面は黒字推移となっており、純資産1億43百万円、比率は80%と高水準であった。一方で借入金は30百万円と年商の50%を超えてやや過大感が見られていた。前代表が平成27年11月に死去した事で資金繰りの目途が立たなくなったと取引先各社に通達しているが、県への提出決算資料と実態は大きく違っていた様子も伝えられており、事業の継続を断念した模様。

 なお、KENSIN評点はD評価(14点)※25点満点。

 KENSIN資料では、取引行は群馬、東和(本店営業部)、しののめ信金(前橋営業部)、仕入先は赤城商会、東方建材、販売先は前橋市、竹花工業、ピー・エス・エー、田の字の家、一般個人とされるが、あくまでも過去の資料であり、債権者と間違わないでいただきたい。

投稿者:KENSIN