群馬県内建設業者約7,000社の企業情報を格安販売致します!!

企業情報取り放題

  • 基本情報サンプル
  • 決算情報サンプル
  • メールでお申込み

建設与信情報誌

  • サンプル表示
  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

情報誌・取り放題セット

  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

スポンサードリンク

ニュースサイトTOPへ

平成27年4月の建設資材需要予測(国交省発表)

平成27年3月10日に国交省が発表した平成27年4月の建設資材需要予測が発表された。
※この予測は、国内主要メーカーや全国の協同組合の製造及び輸入・出荷量・受注状況などの調査により予測したもの。
平成27年4月の需要予測では、ほぼ全ての資材について需要が前年比でマイナスになると予測されている。
(セメント)3,700千トン(前年比▲1.2%)
(生コン)7,500千㎥(前年比▲3.1%)
(木材)700千㎥(前年比▲13.9%)
(普通鋼鋼材)1,600千トン(前年比▲12.1%)
(アスファルト)80千トン(前年比▲5.9%)

全ての項目で前年比マイナスとなっており、特に木材や鋼材のマイナスは顕著。
建設業の倒産件数は低迷しているが、オリンピックや震災復興による特需以外は今後確実に低下に向かっていくだろう。
病院関係や介護施設には多少の需要があると思われる。また、観光産業の成長次第では宿泊施設や商業施設の需要が見込めるが、住宅やマンション、公共工事などの需要は低下に向かうと見られる。

投稿者:KENSIN