群馬県内建設業者約7,000社の企業情報を格安販売致します!!

企業情報取り放題

  • 基本情報サンプル
  • 決算情報サンプル
  • メールでお申込み

建設与信情報誌

  • サンプル表示
  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

情報誌・取り放題セット

  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

スポンサードリンク

ニュースサイトTOPへ

下村文部科学相の金銭問題に浮上の全国の博友会~群馬博友会は政治資金提供無しとの報道

下村文部科学相は金銭問題に関して国会で否定。ただ、一部週刊誌や新聞社は金銭問題について講演料が支払われていると報じている様だ。
東京に博友会(政治団体届出済)という下村氏の後援組織があるが、東京以外に博友会と称する団体が6団体あるとされ、その中に群馬博友会の存在もある。
一部マスコミは、博友会の元幹部の証言として、「演会を開いた際の宿泊費の負担や講演料10万円を封筒に入れて渡していた」として下村文科相の国会での金銭問題否定は嘘であるとの報道をしている様だ。

群馬博友会は?
群馬博友会の会長で群馬ダイアモンドペガサス球団代表の他、糸井商事株式会社(高崎市、鋼材販売等)の代表取締役である糸井氏は、マスコミの取材に対して「群馬博友会は、下村氏をよく知る人の同窓会のような集まりで金銭の支払いは無い」と否定していると伝えられている。

金銭の支払いが無いとしているので問題は無い。
ただ、全国の博友会は任意団体であり、収支報告書を提出する義務がない事から資金の流れを第三者が把握することは難しい。
全国の博友会が収支報告書の公開をすれば下村文科相の疑惑は晴れるものと思われるが。。。

投稿者:KENSIN