群馬県内建設業者約7,000社の企業情報を格安販売致します!!

企業情報取り放題

  • 基本情報サンプル
  • 決算情報サンプル
  • メールでお申込み

建設与信情報誌

  • サンプル表示
  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

情報誌・取り放題セット

  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

スポンサードリンク

ニュースサイトTOPへ

厚生労働省群馬労働局発表~平成26年労働災害事故は直近7年間で最悪の状況

厚生労働省群馬労働局は、平成27年1月29日付で群馬労働局管内での平成26年1月~平成26年12月までの労働災害状況は発表した。
発表によると、4日間以上の死傷者数は2,160人(前年比154人増加)、死亡者数は27人(前年比10人増加)と過去7年間で死亡者数は最悪の状況となった。
※以下は、死傷者数の多い業種。

製造業(死傷者数:711人)※前年比85人増加
運輸業(死傷者数:312人)※前年比35人増加
建設業(死傷者数:275人)※前年比20人増加
卸・小売業(死傷者数:250人)※前年比26人増加
全産業(死傷者数:2,160人)※前年比154人増加

群馬労働局管内での死傷者数の増加率は前年比7.7%増加と全国の死傷者数増加率0.9%を大きく上回っている状況にある事を問題視。
群馬労働局は、死傷者数の多い業種や増加している業種に対して重点的な安全衛生指導を行う方針としている。

投稿者:KENSIN