群馬県内建設業者約7,000社の企業情報を格安販売致します!!

企業情報取り放題

  • 基本情報サンプル
  • 決算情報サンプル
  • メールでお申込み

建設与信情報誌

  • サンプル表示
  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

情報誌・取り放題セット

  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

スポンサードリンク

ニュースサイトTOPへ

群馬県で住宅モデルハウス、住宅事業進出相次ぐ

県内解体業者の住宅建築進出や既存ハウスビルダーの新規モデルハウス開設などが相次いでいる。
①有限会社オフィスコウセイ(前橋市、解体工事業、関連会社で建築も行う)が、高崎市に平成27年1月にモデルハウスをオープン予定との報道があり、高級住宅の受注を主体とする営業を行う模様。
②株式会社ケイアイスター不動産株式会社(埼玉県本庄市、北関東上位ハウスビルダー)は、系列の870万円~住宅建築が可能なはなまるハウスを高崎に開設。今後も群馬、栃木での展開を進めるという。
③いとう建設工業株式会社(太田市、戸建建築)は、平成26年11月に太田市内に新たにモデルハウスを開設。太田に強い地盤を持つ事から地元営業強化と「主婦の視点から創る家」をテーマとした商品を営業強化する。
④株式会社和奏建設(太田市、戸建建築)は、高崎市、太田市2か所、佐野市、足利市に展示場を有しているが、館林市に平成27年2月モデルハウスをオープンさせる計画。
⑤株式会社ヤマダ・ウッドハウス(高崎市、ヤマダ電機子会社、戸建建築)は、前橋市、太田市、埼玉春日部市、埼玉新座市に展示場を持つが、高崎市と長野県長野市に平成27年3月、長野県松本市に平成27年4月に展示場をオープンさせる計画。

新たなモデルハウスは集客が期待でき、需要が低迷している住宅業界で受注競争売上高は激しさを増しそうである。
ローコスト住宅、高級志向住宅など様々なコンセプトの住宅があるが、現在はエコ住宅が主流。発電・蓄電を備えた住宅のニーズがある。
ただ、群馬県内は大手ハウスビルダーが大きなシェアを獲得しており、大手ハウスメーカーはCMでの知名度や安心感があり、ある程度の予算がある施主は大手に流れやすい。
環境が悪いからこそ新規モデルハウスで受注を囲い込むといった策であろうが、地場ビルダーの思い切った設備投資が効果を発揮できるかは営業マンの質や施主の希望に沿ったプランの提案、価格面と様々であり、地場ハウスビルダーの経営力が問われている。

投稿者:KENSIN