群馬県内建設業者約7,000社の企業情報を格安販売致します!!

企業情報取り放題

  • 基本情報サンプル
  • 決算情報サンプル
  • メールでお申込み

建設与信情報誌

  • サンプル表示
  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

情報誌・取り放題セット

  • メールでお申込み
  • FAXでお申込み

スポンサードリンク

ニュースサイトTOPへ

建設業者が施工管理者を欲しがっているが・・・

 数年前より、ゼネコンは施工管理者の増員に着手しているものの、ハローワークで募集をかけても集まらず、大手ゼネコンは新卒採用で群馬県内でも積極的に動いている状況から施工管理者の増員に悩むゼネコンは多いのが実情。
 企業買収を含めた検討をしているゼネコンもあるとされ、近年は建設需要増によりこうした施工管理者が必要なのはわかるのだが、東京オリンピック後に大きく建設需要が低下するとされる見通しの中で、オリンピック後に施工管理者を遊ばせない程度の受注が確保できるのかの自社の営業力についても入念に検討し、増員する必要がある。
 目先の状況では無く、中長期的な計画の基に管理者採用すべきであり、一度正社員として採用すれば、解雇は難しい事から建設不況下でも受注確保が必要となる事を頭に入れておきたい。
 思い切った事業拡大を行う場合は、積極的に増員すべきだが、現状維持及び微増で計画している企業については人員数よりも施工管理者の質を重視すべきである。
 また、営業にもただ見積り勝負ではなく特命受注や施主からの信頼を得る事が重要であり、小規模案件にもきめ細かく対応する事が信用に繋がり、大きな受注に発展する事を肝に銘じるべきである。
 大型案件ばかり求めれば、価格競争に巻き込まれたり、アフターフォローでのトラブルに発展するリスクもある事から作って終わりではなく、アフターフォローも重要な仕事なのである。
 
 いずれにしてもオリンピック後の建設不況を想定し、自社の営業力を的確に把握し、採用戦略を練る必要がある。

投稿者:KENSIN